電車の移動時間や、寝る前のちょっとした時間でサクッとお小遣い稼ぎ マクロミル 【新潟女児殺害事件】小林容疑者の同級生が衝撃コメント・・・・ キンカメのAKB芸能人速報~~れなっち推し 日ハム清宮、初HRから22打席ぶりの快音!「本当に嬉しかった」 ニュー速a 矢口真里、整形疑惑に言及「18歳から毎日ずっと…」 気になるエンタメch 【音量MAX】パチ屋で隣のオッサンに「申し訳ないけどもう少しボリューム下げてくれませんか」と頼んだら 気になるギャンブルちゃんねる 旦那に浮気されてプリに慰謝料請求したら『薄給で両親の具合も悪く多く出せません』と返信が来た。は?は?情状酌量を聞けと?滅茶苦茶腹が立つ 2chまとめサーチ

powerd byBp2アンテナ自動投稿ツール

仕事を辞めたい時
多くの人は、今の仕事を辞めたい、別な仕事をしたいと考えた経験を持っているのではないでしょうか。
子どもの頃からなりたかった仕事に念願叶ってなれたとしても、いざ働いてみるとイメージしていたものとは違っていて辞めたいと思うことがあります。
サッカー選手や野球選手のように一流の世界に入って仕事をしても、いつかは体力の限界などがきて辞めたいと思う日が来るもの。
辞めたい感じること自体は、念願の仕事の場合でも珍しいことではありません。
ただし、だからといって実際に退職するかどうかは、どんな問題に直面しているかにもよります。
若年層ほど辞めたいと考えることが多いということが最近の風潮にあるとされています。
就職難の時代にようやく決まった就職先であっても、実際に働いてみると想像とは全く違った社会の厳しさが身にしみます。
入社早々に辞めたいと感じる人も決して少なくありません。
5月病という単語がありますが、会社に入って一ヶ月程度で張り詰めていた気持ちが薄れるものです。
仕事への気概が失われてしまうということも人によってはあるようです。
どれほど適性が合う人でも、時には仕事を辞めたいと考えるものです。
仕事を辞めたいという考えが頭に浮かんでも、気持ちを切り替えていくことも大事です。